パッシブデザインとは

パッシブデザインとは


高い断熱性能と自然のエネルギーを利用した、快適・健康で環境に配慮した家づくり

高い断熱性能と自然のエネルギーを利用した、
快適・健康で環境に配慮した家づくり

最高の断熱・エコ住宅

最高の断熱・エコ住宅

省エネで快適で地球に優しい本当のエコ住宅を建てるには、 「パッシブデザイン」と「エコ設備」の要素が必要です。

省エネで快適で地球に優しい
本当のエコ住宅を建てるには、
「パッシブデザイン」と
「エコ設備」の要素が必要です。

パッシブデザインとは、夏は陽射しを遮り、存分に風が通るように、 冬は太陽の熱を取り入れ、夜まで部屋が暖かいように、 自然の力を目一杯利用し、家のつくりを工夫した家づくりの設計手法です。

四季を通して心地良い松島匠建のパッシブデザイン設計

四季を通して心地良い
松島匠建のパッシブデザイン設計

  • 壁・屋根はダブル高断熱(充填断熱+外張り断熱)
  • 基礎内高断熱と高効率ヒートポンプ方式の床下蓄熱暖房
  • Low-eトリプルガラス+断熱樹脂サッシ
  • 高断熱と自然素材で無結露設計
  • 高効率ヒートポンプ方式の給湯設備
  • 太陽光発電、太陽熱給湯設備
  • 深い軒の出で夏の日射遮蔽
  • 南面の大きいテラス戸で光と冬の陽射しを取り込む
  • 自然風の取り込み、風の抜ける窓計画
  • ウインドキャッチャーで夏の卓越風を取り込む
  • LEDの照明器具

窓・軒・バルコニー
冬は陽射しを取り込み、夏は陽射しを遮る

窓・軒・バルコニー
冬は陽射しを取り込み、夏は陽射しを遮る

窓の種類・配置・間取り
自然風を取り込み、風の流れをつくる

窓の種類・配置・間取り
自然風を取り込み、風の流れをつくる

高断熱・高気密
部屋間の温度差をなくし、断熱と気密は一体で考える

高断熱・高気密
部屋間の温度差をなくし、
断熱と気密は一体で考える

付加断熱(充填断熱+外張り断熱)

付加断熱
 (充填断熱+外張り断熱)

熱の出入りの少ない断熱外皮の性能(断熱性能)を高め、 暖冷房の負荷を小さくして、省エネで快適・健康な住まいをつくります。

熱の出入りの少ない
断熱外皮の性能(断熱性能)を高め、
暖冷房の負荷を小さくして、
省エネで快適・健康な住まいをつくります。

<次世代省エネ基準を大幅に上回る弊社の断熱気密性能>
断熱性能 Q値 (熱損失係数) =1.8 (W/㎡K)
気密性能 C値 (隙間相当面積)=0.6 (C㎡/㎡)

充填断熱=パーフェクトバリア(ポリエステル断熱材)
http://www.endeavorhouse.co.jp/pbtop.html

充填断熱=パーフェクトバリア
(ポリエステル断熱材)
http://www.endeavorhouse.co.jp/pbtop.html

外張り断熱=アキレスキューワンボード(硬質ウレタンフォーム)
http://www.achilles-dannetu.com/achilles/products/pr_q1bord.html

外張り断熱=アキレスキューワンボード
(硬質ウレタンフォーム)
http://www.achilles-dannetu.com/achilles/products/pr_q1bord.html

Low-eトリプルガラス+断熱樹脂サッシ

Low-eトリプルガラス+
 断熱樹脂サッシ

省エネな住まいにするには断熱性と気密性を高めて、 熱の出入りを少なくすることがとても重要!
そして熱の出入りが一番大きい所は「窓」です。

省エネな住まいにするには
断熱性と気密性を高めて、
熱の出入りを少なくすることがとても重要!
そして熱の出入りが大きい所は「窓」です。

<次世代省エネ基準を大幅に上回る弊社の断熱気密性能>
断熱性能 Q値 (熱損失係数) =1.8 (W/㎡K)
気密性能 C値 (隙間相当面積)=0.6 (C㎡/㎡)

熱の出入りを軽減するならガラス選びが重要です。

熱の出入りを軽減するなら
ガラス選びが重要です。

遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。 室外側のガラスをLow-E金属膜でコーティングすることで、夏は太陽熱の侵入を防ぎ、冬は暖房熱を外に逃がしません。 冷暖房効果がアップして、夏冬の節電にも効果的です。
「APW330真空トリプルガラス(YKK AP)」は、断熱性に優れた樹脂フレームと高性能な真空トリプルガラスによって構成された窓で、一般的なアルミ窓(複層ガラス)の約4倍、アルミ樹脂複合窓(Low-E複層ガラス)の約2倍の断熱性能をもつ窓です。