富士見村K様邸 「つくりすぎない家」

富士見村K様邸
「つくりすぎない家」

赤城の麓に建つ住まい
(暮らしと素材へのこだわりから)

赤城の麓に建つ住まい
(暮らしと素材へのこだわり)

・木材と自然素材にこだわり、同時に暮らし易さも追求し、造り過ぎることなく造った心地よい木の住まい
・天井は化粧野地現しで、リビング上は吹き抜けの開放感のある家

建築面積:66㎡(20坪) 
延べ床面積:92.4㎡(28坪)
設 計 ・ 施 工 : 松島匠建
Sr8rwyi
杉床板のリビングと畳敷きの和室 ・厚さ27mmの杉の床板 ・畳は藁床、国産イグサ使用の天然泥染めたたみ
Sr8fnsb
杉板無塗装の南京下見張り ・厚さ15mmの杉板下見張りは、ステンレス丸頭釘留めで無塗装 ・切妻矢切部分はスーパー白洲そとん壁仕上げ ・アルミサッシの色はYKKの新色「ピュアシルバー」
Sr8cwmb
檜のキャットウォークと吹き抜けの丸太梁
Sr8kdhd
板張りの壁、無垢の階段、造りつけの本棚
Sr8smn
造り付け洗面台 ・無垢板のカウンター内に、大きなTOTOの病院流しを設置した洗面所 ・サワラ板の腰壁とお施主さんセルフ施工の珪藻土「はいから小町」
Sr8nkos
2階のオープンスペース ・檜で造作の吹き抜け手摺 ・天井は化粧垂木・野地板現しの勾配天井
Bl712tsi
工事進行中の様子と画像を載せたブログもご覧下さい! 地域木材で建てる「つくりすぎない家」     着工〜竣工までの記録