「段差のある家」リフォーム

リフォーム・みどり市Y様邸
(築200年の家 寝室・居間リフォーム)

リフォーム・みどり市Y様邸
(築200年の家
寝室・居間リフォーム)

地元みどり市東町のYさんご夫婦は、2人の娘さんたちが成長して今やご夫婦二人暮らしの生活。
築200年の骨太の民家ですが、キッチンと居間、そして居間と奥座敷と、段差が二段階ある昔のつくりのため、生活しやすいスタイルにリフォームをと松島匠建に依頼。

設 計・施 工 : 松島匠建 
広くなったリビング、そして造りつけの収納戸棚
広くなったリビング、そして造りつけの収納戸棚 ・床は檜の縁甲板を張り、8畳から10畳に広げたリビングルーム ・右となりのキッチンとは30cmの段差があったが、キッチンとりビングはフラットにして、LDKのワンルームに改修 ・キッチン、ダイニングとリビングの間に電話機用の60cm幅カウンター設置
Rfm806rb
檜無垢の二段階段で玄関から奥座敷に
檜無垢の二段階段で玄関から奥座敷に ・玄関は広く、桝格子の引き戸で奥部屋、リビングへと ・3本引きの引き戸が連続し、普段はオープンにしておき、冬季や来客時には引き戸で間仕切り ・玄関土間には既存の薪ストーブがあり、冬には大活躍
Rfm806go
Rfm806gr
Rfm806gs