日射遮蔽 
パッシブデザインの家づくり

日射遮蔽
パッシブデザインの家づくり


夏は太陽の日差しを遮る

年々猛暑日が増え夏の暑さが厳しくなっていますが、せっかく風通しをよくしても、窓から日射熱が直接入ってくるようでは温風にしかなりません。

そこで夏に大切になってくるのが日射遮蔽です。

日射遮蔽の方法は住まいの形状や敷地の周辺環境によって異なりますが、基本は夏季の直射を遮り、反射により室内に光を取り込む設計を検討します。

目的: 夏期や中間期に室内に侵入する日射を遮り、室内を涼しく保ちます。
効果: 冷房エネルギーを 15~45% 程度削減できます。

深い軒の出で雨と夏の日差しを

最近の戸建て住まいの外観の特徴として、軒の出のない建物が多く見られるようになってきました。
西洋的なデザインを求めると同時に、屋根の面積が減るので少しでもコストが抑えられることから、軒の出のない外観住まいであると思います。

しかしこの事は、雨が多くて夏が暑い日本の気候においては、大きなデメリットであることを認識しなければなりません。

シーリングの耐久性はせいぜい10年であり、外壁に直接雨が当たるために雨水の侵入は見えない壁の中で発生していて、知らずのうちに大切な構造材が腐朽しています。

そして夏の日差しにおいて、大きく取った南の窓から軒の出が無ければ熱い太陽光が入り込み、温室のような室内となります。
深い軒の出は夏の日射と雨をしのぎ、エアコンに頼ることのない暮らしをていきょうする、パッシブデザインの家づくりに欠かせぬ重要な一つです。

深い軒の出、群馬県みどり市邸