タグが付いた記事: 無垢の木材(35)

143月

「皆沢の家」増築工事が着工しました。

前橋で木の家増築工事

本日着工!庭木の移植から!

 新人見習い君!構造材の手刻み加工体験!

松島匠建代表 松島克幸です。

既に3月も半ば、今日は寒の戻りで冷たい北風です。
でも、来週は東京で桜の開花が予想されています。

「つくりすぎない家」としてご紹介のお住まいですが、建てて10年近くになるでしょうか。
その後、所有のお施主様が変わり、新しいお施主様より建物増築のお話しを頂き、今日着工の日を迎えました。

ウッドデッキを始めとして、住まい建物などの増築工事で、構造材は天然乾燥の杉・桧木材を今回は手刻みにて加工しています。

2月より当社の新人見習いである我が家の長男の大工技術習得にちょうど良い機会となり、鑿、玄翁、丸鋸の使い方覚えています。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

2710月

杉の赤身板は、人を最高に癒す木材

杉の赤身は木材の中で最上級の素材

「杉の赤身床板で、最高の安眠と健康を!」

ストレスフリーの生活は、杉の赤身床板と桧床板で!

松島匠建代表 松島克幸です。

梅雨時期以上にじめじめと長雨の続いていたこの秋も、ようやく季節の変わり目を迎え、気持ちの良い青空が広がる天気が続くようになりました。

高崎菅谷にて進行していた新築のお住まいも完成を迎え、引渡となりました。
次の投稿では完成のお写真を載せたいと考えています。

私どもの新築のお住まいではスタンダードとなっている、27mm厚の国産無垢材の床板ですが、1階は桧の床板、そして2階は杉赤身の床板が標準仕様となっています。

今回は、その無垢の床板について、一般の自然素材業者では語らないお話をいたします。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

067月

丸太柱のあずまや

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

これは一昨年前に、大間々駅前観光案内所前に建てた四阿(あずまや)です。
あずまや内には、醤油桶を利用して造ったベンチが設置してあります。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

266月

1階は桧、2階は杉赤身床板

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

大間々町下神梅の体感ショーハウス

1階の床板は厚さ27mmの桧無垢の床板です。
そして、2階床板は同じく厚さ27ミリの杉赤身の床板です。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

075月

玄関土間は楢(ナラ)フローリング

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

オープンハウスにご見学頂いた方のご感想紹介しています。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

1710月

杉は「日本の隠された財産」という

こんにちは。
無垢の木と塗り壁とパッシブデザインの家づくりを進めている、
群馬県みどり市の松島匠建(株)の代表松島克幸です。

愛工房サミットに参加して、そして愛工房の発明者
伊藤好則氏の著書「樹と人に無駄な年輪はなかった」を読み、
杉の素晴らしさを再認識することができました。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

0310月

階段と梯子

みなさんご存じのこと、階段と梯子、上と下をつなぐ昇り降りするもので、
使う用途は同じです。

建築的には、階段は固定されたもので、梯子は移動が可能なものです。

最近の木造住宅の一般的な階段は、集成材を用いたプレカットの
階段ですが、当社の階段は現場刻みで無垢の木のオリジナル階段が
スタンダードです。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

245月

修正挽き

 桐生市梅田町にて代々に亘り製材所を営んでいる藤生木材さんで、
木材の製材(修正挽き)を依頼です。

修正挽き

15mm程大きめに製材し、2年以上の間、天然乾燥しておいた杉桧の構造材、
いよいよ使う時が来て、製材機で再度挽き直します。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

024月

木と塗り壁の小住宅完成

 キャンプ場に建てた2棟のバンガローハウスが、ほぼ完成しました。
ウッドデッキのテラスを含めて30㎡の建物です。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

183月

杉で作った木製フェンス「もくべい」

木製の簡易組み立てフェンス「もくべい」設置(多々良の家の外構)
DSCN0377.jpg

「もくべえ」は、一定の間隔で設置した柱に、4センチの厚さで規格化した
地元産の天然乾燥材を差し込み、自由な形状の木塀をつくりだすもので、
二酸化炭素(CO2)の排出量が多いコンクリートから排出量の少ない木材へ
置き換えを進めようという、地域活性化エコプロジェクトです。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

1810月

無垢の木だから(階段側板NG)

 現在進行中の、階段の刻み。

桧の無垢にて大工さんが、現場で側板(ささら板)段板を刻んでいます。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

047月

木のこころ

木を育て、木を伐り、製材そして乾燥し、家の材料として木材を
山から家までの間に関わりを持っているわたしです。

そして木の家づくりを学ぶメールセミナーをも配信してますが、
その中から私どもの家づくりを象徴するセミナーの一つを紹介します。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

196月

外壁木材板張り

これまでわたしどものお客さまの殆どは
「サイディング張りは嫌!」のみなさんです。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

156月

無塗装4年後の杉板下見張り

 前橋市赤城南麓のOB客さんのお住まいご訪問。

築4年の木の住まいです。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

136月

外壁羽目板塗装のお色直し

 OB客さんのお宅を訪問。

外壁板の色合いが変わっていて、これまでの雰囲気から一転!

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

[12 3  >>