松島匠建ブログ

176月

2007年6月17日木材のトレーサビリティー

「木材のトレーサビリティー」とは、木材がどのように生産され、どのような経路をたどって消費者のもとへ届くのか確認するためにできた、食の分野で確立されたシステムです。

Posted in 松島匠建ブログ

136月

2007年6月13日地元のオートキャンプ場イベント

地元地域「沢入(そうり)」にあるオートキャンプ場「ファミリーオートキャンプ場そうり」は、今年から地域自治に管理委託されていて、私の一つ上の先輩ネガさんが管理人をしています。

Posted in 松島匠建ブログ

116月

2007年6月11日ネットワークの総会

今回の大雨はこちらだけではなく、中国南部は大雨による洪水で、住宅や農作物への大きな被害があったようです。

そんな中、「ぐんま・森林と住まいのネットワーク」平成19年度の通常総会が、雨の降りしきる10日に開催されました。

Posted in 松島匠建ブログ

106月

2007年6月10日未だISDN

昨日から今日にかけて、日本の上空に寒気が南下してきて、断続的に雨が降ったこの2日間でした。
ところで、先ほどからメールを受信しているのですが、1時間経っても受信を完了できていません。

Posted in 松島匠建ブログ

086月

2007年6月8日今年の木材ストック

葉枯らし乾燥、製材、桟積み乾燥と進む、今年の木材ストックも、一段落の区切りが付きました。
今年は例年より多目のストック量となり、桟積み乾燥の山もにぎやかです。

Posted in 松島匠建ブログ

066月

2007年6月6日「本榊(ほんさかき)」と「ひさかき」

「本当のサカキは、芽がツメ状に尖っていて、葉に鋸歯(きょし)と呼ばれるギザギザがなくて、冬もフレッシュな緑です。ところがサカキに非ずのヒサカキというのは、葉にギザギザがあって、ちょっとちゃちなんです。私はよく会社の社長とかにも言うんですが、『神事で本物のサカキを使ったらまともに金を払いなさい、ヒサカキを使ったら値切った方がいい』って」(宮脇昭)

Posted in 松島匠建ブログ

036月

2007年6月3日大黒柱を選木し伐倒

この秋、桐生市川内町に着工予定の「Sさんご一家」のお住まい。
大黒柱に枝付きの丸太柱を使いたいと、その木を選木して伐採に立ち会いました。

Posted in 松島匠建ブログ

315月

2007年5月31日こんな所がシロアリ被害

築十数年のお宅より「シロアリにトイレのドアーのところが、シロアリに食われたので修繕してくれ」と、連絡がありお伺いしたところ、なんと・・・

Posted in 松島匠建ブログ

145月

2007年5月14日木の建築賞(東京大学弥生講堂にて)

東大弥生講堂
昨年、群馬の桐生にて開催された“第3回木の建築賞”、その入賞作品・活動の表彰式が13日(日)に、東京大学農学部弥生講堂において行われ、出席してきました。

この日は午前中に「木の建築フォラム」の通常総会が行われ、全国各地より木の建築に関わる著名な方々の顔ぶれも見受けられました。

Posted in 松島匠建ブログ

045月

2007年5月4日不都合な真実から

米国の元副大統領であるアル・ゴア氏が、半生を捧げて伝える人類への警告。
今、話題のドキュメンタリーで、多くの方が映画、書籍、DVDなどで目にし、衝撃を受けた人も数多くいらっしゃる事と思います。

Posted in 松島匠建ブログ

244月

2007年4月24日長さ6.5mの長尺梁

館林Y様邸の構造材です。
長さが6.5m、梁背300mmの梁が2本。

Posted in 松島匠建ブログ

174月

2007年4月17日 日本の森の98%は、人の手が育てました。

日本の森林はスギやヒノキの人工林が約40パーセント。
残りは天然林、かって薪や炭を生産する人が育てていた森林です。
人の手が入っていない原生林は2パーセントしかありません。
日本の森林は手を入れられることによって、守り育てられてきたのです。

 しかし・・・

Posted in 松島匠建ブログ

134月

2007年4月13日Y邸構造材

マヌファットの正田さんが設計担当している、館林のY様邸に使う構造材の供給が始まりまった。
プレーナー仕上げした土台と通し柱を納めました。

Posted in 松島匠建ブログ

084月

2007年4月8日「新建ハウジングプラス1」に記事紹介されました。

業者向け住宅新聞で著名な全国紙「新建ハウジング」
その付録月間誌「新建ハウジングプラス1」に弊社が記事掲載されました。
2007年4月号 テーマは「木の家」と木質建材を考える。

Posted in 松島匠建ブログ

044月

2007年4月4日自然林に近い人工林へ

花粉が飛び交う季節です。 
「本来の林(森)と言うのは高木・中高木・中低木・低木と、各種雑多でその土地に合った木(潜在自然植生)が入り混じり、育つことが良いわけで、スギならスギばかりを植えてしまうと、自然に反してしまうため、杉の木が子孫を残そうとして花粉を多く出してしまうわけ」
これは、『鎮守の森』で世界に知られた宮脇昭氏の言葉。

Posted in 松島匠建ブログ

<<  22 23 24 25 26 [27