工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

群馬県みどり市の山間にて、先人から受け継がれてきた山の木を活かすために、自ら家づくりの修業を重ねて木の家づくり工務店を起業した、松島匠建代表の松島克幸が、日々の家づくりについて発信します。

304月

笠懸町鹿で上棟

笠懸の家の建て方

  地場産木材で建ててます!

 袈裟丸山ではアカヤシオツツジが!

 松島匠建代表 松島克幸です。

ゴールデンウィークを前にして新緑はすっかり整いましたが、袈裟丸中腹の山では木の芽が芽生え始めて、アカヤシオツツジの花が最盛期を迎えています。

 

連休にはこの山も人出でにぎやかとなりますが、27日は雨上がりの朝となり、ひと気は無く静かな袈裟丸中腹の花盛りでした。

 


 では、4月21日大安吉日に上棟となった笠懸の 家の建て方です。

 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

054月

子ども第3の居場所「おむすび堂」開所式

子供たちの新しい形のコミュニティ施設のオープン

  人と人とを結ぶ「おむすび堂」

 ウッドショックで国産材の原木価格も上昇してはいますが・・・。

 松島匠建代表 松島克幸です。

すっかり春の陽気となってきた4月の今日この頃です。

ウッドショックで国産木材の価格は50%以上の値上がりとなり、原木丸太の価格においては30%程度の上昇となっています。

元々林業上がりである私から見れば、これまでが安すぎた原木丸太価格であったので、まだまだ国内の林業が採算のとれる価格ではありません。

 林野庁Webサイト「木材価格の動向」

木材は植林して50年以上経過しないと収入とならない、そんな長い周期の収穫物なので、今伐っている木は、父や祖父の代に植林したものなのです。

そんな時代を生きてきた父に私は、小さい頃から我が家の山に連れられ、先人が孫子のために苦労して植林し手入れをした来た話を聞かされてきました。

それが、自分の代になったら外国産木材が主流となり、日本の木材が見放され伐っても採算の合わない値段となってしまったので、先人が苦労して育ててきた木を活かした家づくりこそ自分の目指すべき道と思い、今に至っています。

 

さて、先月完成しました子ども第3の居場所「おむすび堂」ですが、開所式の日を迎えました。

このような子供たちの新しい形のコミュニティ施設の開設を目指す取り組みの主体となっているのは「日本財団」でありますが、これまで全国で100ヶ所余りの開設があり、最終的には500ヶ所ほどの開設を目指すらしいです。

また、これまで100ヶ所近くの施設の取り組みを進めてきた日本財団の方は、地域木材をふんだんに取り入れると共に、ウッドボイラーや足湯の取入れなどのこの施設の出来栄えに、これまでで最高の施設であり、今後のお手本にさせて貰いたいとの感想を申していたそうです。

 豊富な森林資源を抱えているみどり市では、地元産木材の振興にも力を入れ、この施設にもみどり市産木材をふんだんに取り入れるようなご要望でした。

 


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

153月

足湯とウッドボイラー

ウッドボイラーのお湯で足湯

  地産エネルギーのウッドボイラー!

 当り前と思い使っている化石資源ではあるが・・・。

 松島匠建代表 松島克幸です。

3月に入ってから気温が上がり、一気に春めいてきました。

新型コロナから始まり、ウクライナ情勢などで世界秩序が混沌とし、原油価格の高騰が続いていますが、その石油の成り立ちは2億年前とも言われ、とてつも永い年月をかけて蓄積し蓄えられてきた貴重な資源なわけです。

その地球の貴重な財産を、たかが100年余りで使い果たしてしまうような原油価格が本来おかしい訳で、原油価格の高騰は石油以外の物の高騰にも繋がり、私たちの生活を脅かすことになりますが、これまでの当たり前を見直し、脱化石資源への思考転換を強めねばと感じています。

 

新築工事の完成がありましたが、着工となった現場もあり、現在新築が2棟進行中です。

 先日完成となった笠懸町の近くで、基礎工事が始まりました。

南向きの最高の立地条件にて、平屋ベースの建物で子供室のみが2階の建物です。

細かく地中梁が入っていますが、床下エアコン設置のため、基礎内部の立上りを極力少なくしての基礎構造です。

 こちらはワクワクと気持ち良く工事が進みそうです^^


 それでは、完成した「こちらの施設では子ども第3の居場所」の足湯とウッドボイラーの設置の話に入ります。

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

063月

完成しました「子ども第3の居場所」

みどり市産木材で子供たちのコミュニティ施設完成

  みどり市笠懸町にて建物完成!

 遅ればせながら2022年!初投稿です。

 松島匠建代表 松島克幸です。

2カ月ほどブログの更新が滞り、お得意様より心配のお言葉頂きましたが、仕事は元気にやっています。

お陰様で完成やら、着工やら、計画打ち合わせやらで忙しく、ブログの更新が後回しとなっていました。

そんな中で一つの区切りとなる建物が完成を迎えました。

  

 建物外観は、1階部分は地元産杉27mm厚板のファサードラタン、そして2階部分はSTO塗り壁のロータサンです。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

3012月

仕事納め!

2021年末を迎え!

  2021年もあと僅かとなり、仕事お納め!

 2021年もコロナに振り回されましたが・・・

 松島匠建代表 松島克幸です。

2021年12月29日、今年も残すところあとわずかとなり、仕事納めとなりました。

誰もがコロナの終息を願った今年でしたが、結局来年に不安を残しての年越しとなりました。

そのコロナがきっかけで、木材供給不足のウッドショックとなり、材料不足と資材価格の高騰と、年明けには合板を始めとした更なる材料不足が予測されています。

そんな材料供給に四苦八苦ではありますが、弊社はお陰様で多忙を極め、年末のカレンダー配りや年賀状作成が疎かとなっています。

  

 笠懸町の新築工事は外部がここまで進行しました。↓

 2階はSTOの塗り壁で、下地塗りまでと、1階は杉板を隙間を開けて張る「ファサードラタン」が途中まで張れてきました。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

0712月

高萩の家、完成お引渡し!

大屋根の外観!

  G2グレードのの認定低炭素住宅!

 快適さにご満足!

 松島匠建代表 松島克幸です。

高萩の家も11月末に完成し、無事お引き渡しとなりました。

住み始めて早速「快適で最高です!」と喜びのお声を頂いています。

また、前回ペレットストーブを入れたお宅に、燃料ペレットを届けに行ってきましたが、「夏は涼しくて、この冬も暖かくて快適です」と喜んでいました。

こうして喜び感動して頂けることが、造り手にとっても何よりの喜びであって、初めの見学から、工事が始まり、そして住はじめてと「素敵!最高!」とその度に感動して頂けると気持ち良く家づくりができます。

こうして気持ち良く家づくりができる事が、結果として良い家づくりに繋がり、わたしどもの成長になっています。

 

 完成前の気密測定では、一つ前の太田の家と同じ C値=0.3という結果が出まして、ここの所2棟続けて0.5以下の数値となっています。

 


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

2711月

笠懸町鹿で上棟!

こども第3の居場所建物

  みどり市笠懸町で上棟!

 雨の予報が1日延び、無事上棟できました!

 松島匠建代表 松島克幸です。

11月も後半となり、引き渡し間近あり、建て方あり、着工準備や打ち合わせあり、リフォーム・・・etc.と結構な取り込みとなり、ブログの更新もままならないでいます。

11月の初めに上棟となった、みどり市笠懸町の建物ですが、遅れての投稿となります。

>週間天気予報では、上棟の2日前までずっと傘マークで転機が危ぶまれていましたが、間近になって天気の崩れが1日遅れとなり、無事建て方が出来ました。

一般住宅ではなく、こどもが集って遊び学べる施設で、みどり市産木材をふんだんに取り入れて建てる建物となります。

 

 


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

3010月

高萩の家は仕上げ段階、完成間近!

外壁は塗り壁と杉羽目板張り

  STOの塗り壁と杉羽目板張り仕上げの外観

 奥山は紅葉が見頃!

 松島匠建代表 松島克幸です。

大きな台風の接近もなく秋が深まってきましたが、日中はまだまだ例年より暖かな日和が多く、もうすぐ11月を迎えます。

ガソリン価格が高騰し続けていますが、住宅業界ではウッドショックから始まった資材の高騰がこの半年余りで、鋼材、コンクリート、石膏ボードを始めとした新建材とあらゆる資材の値上がりとなり、住宅価格に大きく影響しています。

資材の価格も供給も、ここ数十年大きな変動も問題もなく平穏に来ていたものが、この半年で数十年分の値上がりと供給難が一気に顕在化となったような感じです。

気候変動然り、平穏が当たり前と思わず正しい未来を考えていかねばデス。

 

 袈裟丸の麓の標高1,000m程の山は、今が紅葉が見頃となっています。

 


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

269月

附加断熱の内外断熱施工

壁天井の充填断熱と壁外張り断熱

  壁天井の断熱施工と天井羽目板

 高萩の家は内外工事が進んでいます!

 松島匠建代表 松島克幸です。

お彼岸になってやっと天気が安定してきたようで、朝晩は秋の冷え込みとなっています。

 

 高萩の家も個性的な外観が目を引くようになってきました。

 ↑ 大屋根型の外観に、外張りの断熱材を張り始めてたのが2週間前です。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

208月

「高萩の家」無事上棟!

G2グレードの性能の家が佐野市に!

  ウッドショックとお盆の大雨に負けず!

 梅雨が明けての基礎工事は灼熱の日差しの中で!

 松島匠建代表 松島克幸です。

この春にお引き渡しとなった太田のお施主様は、長梅雨とこの真夏の暑さを新居で過ごし、以下のご感想をお寄せくださいました。

『梅雨の時期は、家の中がジメジメせず 厳しい暑さでも冷房が弱運転!

キッチンがすごく使いやすく 毎日、仕事から家に帰ってくるのが楽しみになりました。

心身が安らぐ、本当に素晴らしい住み心地です! (アパート時代には考えられません)』

とご満足いただき嬉しい限りです。

 

そして、真夏の暑さから一転して、大雨の長雨となった今年のお盆でしたが、お盆明けに高萩の家が無事上棟となりました。

 ↑ お盆前に済ませた土台敷きでしたが、お盆中の雨に備え、合板を張ってのシート養生となりました。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

297月

「高萩の家」基礎工事

炎天下の基礎工事

  炎天下のコンクリート打設はクラック注意!

 梅雨が明けての基礎工事は灼熱の日差しの中で!

 松島匠建代表 松島克幸です。

雨続きで遅れていた基礎工事でしたが、基礎屋さんの工夫で鉄筋工事まで進み、その後の梅雨明けで一気に進行しています。

今年も大雨による被害が各地で発生していますが、「50年に一度の・・・」「100年に一度の・・・」を越えて「千年に一度の大雨」が中国で発生する事態になっています。

このところSDGs(持続可能な開発目標)の文字を頻繁に目にするようになってきましたが、持続可能な取り組みは、感染症対策以上の重要課題のはずです。

また弊社の新入社員である松島聖士ですが、今月11日に1級建築士の学科試験 を受け、自己採点ではなんとか合格ラインのようです。

今年度の学科試験は例年以上の高難易度だったらしく、試験を終えて本人は「ダメだった!」と思ったほどのようで、特に学科Ⅰの「計画」は難問だったようです。

今は10月に行われる製図試験の課題に取り組んでいます。

 

さて、高萩の現場では、梅雨明けの青空の中での配筋検査となりました。

 

 ↑ ここまでしっかりした基礎は中々ないと、いつも検査員のお墨付きを頂きます。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

107月

オリジナルキッチン&キッチンハウス

グラフテクトショールーム

  キッチンハウスショールーム打ち合わせ!

 雨続きで基礎の着工に影響が!

 松島匠建代表 松島克幸です。

7月に入り「高萩の家」基礎工事が着工となりましたが、連日の雨により工事が滞ています。

そして今年も大雨により、各地で大きな被害が発生しています。

 50年に一度、100年に一度の大雨、大雪、巨大台風等々の気象異常が毎年どこかで発生し、ウッドショック、半導体不足などの物資の供給不足等々、何事も不安定な時代への突入となっています。

この不安定、そして供給不足はやがて「食料」や「エネルギー」に及ぶ事を覚悟して、家づくりもその準備を持っての計画が必要かと思います。

エネルギー不足への準備となると、太陽光発電と蓄電池といった方向を思い描き、それも重要ではありますが、それらの前に必要なことは、「エネルギーの消費をできる限り少なくする暮らしとそれができる家」です。

 

 ↑ 7月1日に着工となった高萩の家ですが、この掘削と砕石の後に雨が続き基礎工事が滞ています。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

266月

夏を涼しくするための断熱仕様

涼しい夏のための断熱は?!

  夏は屋根・天井の断熱が重要!

 連日曇りのち雨で梅雨本番!

 松島匠建代表 松島克幸です。

6月も後半になり、連日の梅雨空となっています。

午前中は曇り空から、午後になるとあちらこちらでにわか雨となっていますが、にわか雨の雷雲は通常山沿いで発生して南、或いは南東に流れるものです。

しかし、ここ数日の雷雲は平野部で発生して北に流れる、変則なにわか雨となっています。

 

 梅雨が終わると暑い夏がきますが、断熱性能を高めると共に「夏は涼しく!」の断熱のポイントも理解しての断熱工事が大切です。

 ↑ 先週の日曜日に次男と共に、袈裟丸山のフモトでドローンを飛ばして撮った、西山山荘と周辺の林ですが、星形の樹形は赤松で、丸くまとまっているのは杉です。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

206月

トリプル樹脂サッシ

高性能住宅の時代はトリプル樹脂サッシ!

  熱の出入りが最も大きい開口部(窓)には!

 情報をTVだけに求めてしまうと・・・

 松島匠建代表 松島克幸です。

コロナに感染したくない!それは誰もが同じ思いでは有るはずです。

しかし今、このコロナの騒ぎでは多方向からの見方があるにもかかわらず、TVによる一方的な報道には問題があると感じています。

TVのどのチャンネルも、ニュースやワイドショーで「コロナ怖い!」の一面だけで、それらに反する報道やコメンテーターは排除され、情報が一方的になっている。

そして今は、ワクチン接種が唯一の解決策であるかの空気です。(ワクチン接種を否定するわけではないのですが・・・)

このコロナの状況には、TVでは報道されていない多くの情報も含めた中で、一人一人が考え判断していく必要があるのに、TVがその思考力、判断力を奪い、「誰もが右へ倣え!」の世の中にしていることが大きな問題ではないかと思います。

そもそも一番の問題は、人類の人口が地球が賄える許容を越えてしまったことであり、それでも尚「人間のご都合ファースト」を貫いていることではないでしょか。

SDGsには是非この一項を加え、「真に持続可能な未来」に取り組むことです。

 

梅雨に入り、曇りや雨の日が多くなっていますが、t得まもなく次の新築工事が着工になります。

新築と新築の合間にいくつかのリフォーム工事をこなしていますが、物置を改修してのガレージ工事の現場など、屋根や外壁の塗り替えに塗装屋さんにも活躍して頂いています。

 ↑ 松島匠建の自宅兼体感ハウスの窓は樹脂サッシのシャノンウインド

 最近の高性能住宅志向から、樹脂サッシ、トリプルガラスの需要が増えていますが、今回はそのお題に関しての投稿です。


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

205月

土蔵でカフェ「蔵八」

土蔵カフェ「蔵八」大間々町

  大間々町の土蔵改修でカフェ

 蔵人新宇のカフェ「蔵八」!

 松島匠建代表 松島克幸です。

3年前から始まった蔵人新宇の土蔵群の改修も、最終目標の蔵をカフェに!が完成しました。

 奥から1号蔵、2号蔵、3号蔵、4号蔵と、4つの土蔵が連なる蔵人新宇(くらーとあらう)の蔵ですが、外回りの漆喰塗り替え(というよりも外装の修復)を依頼され、3号蔵の内部改修でカフェにと、そこは他の新築と重なり手掛けることはできませんでした。

 カフェはゴールデンウィーク前に完成してのオープンとなりました。

 


 

Posted in 工務店ブログ!ちょっとオシャレで贅沢な木の家づくり

[12 3 4 5  >>  

Breadcrumbs